CRI主催の書画展「和して同ぜず」 ソウル展が開幕

2018-11-26 10:57  CRI

图片默认标题_fororder_1
「和して同ぜず」ソウル展開幕式の様子

 中国国際放送局が主催する書画展「和して同ぜず」の2018韓国・ソウル展が11月25日に開幕しました。中国、日本、モンゴル、韓国の芸術家たちによる、書道、中国画、油絵、篆刻、インスタレーション作品など70点と、各国の青少年の作品74点が展示されています。開幕式には、韓国美術協会、韓国国際芸術交流センターの責任者、各国の芸術家ら約60人が参加しました。

图片默认标题_fororder_2
出席ゲスト:書画展責任者の金東光氏(左から2番目)、中国の芸術家・宇俊之氏(左から4番目)、日本の書道家・小林芙蓉氏(左から3番目)、韓国美術協会の朴明仁(パク・ミョンイン)副理事長(右から3番目)

 主催側である書画展責任者の金東光氏はあいさつで、「この『和して同ぜず』シリーズ展は、芸術家同士の交流を促進し、国民の相互理解を深めて、北東アジア各国の友好往来を強化してきた」と述べました。

 また、中国の芸術家である宇俊之氏は「今後も各国の芸術家との交流を通してインスピレーションを受け、思想を豊かにすることで、より多くの創作を行いたい」と話しました。

图片默认标题_fororder_3
揮毫する小林芙蓉氏

 日本の書道家・小林芙蓉氏は「日中韓3カ国は同じ筆文化を持ち、歴史的にも大変深いかかわりがある。文化交流を通して心の距離を縮め、日中韓の、ひいてはアジア各国の関係がますます発展するよう願う」と述べました。

 韓国美術協会の朴明仁(パク・ミョンイン)副理事長は「北東アジア各国は一衣帯水の関係にあり、文化的に深い根源を持っている。北東アジア各国の国民は書画を通じて交流し、『和して同ぜず』という文化の融合を示すことができる」と話しました。

 「和して同ぜず」書画展プロジェクトは2014年に創設されたもので、これまで中国の北京や湖北省、日本の東京や大阪、モンゴルのウランバートルなどで展示会や交流会を行ってきました。韓国での開催は今回が初めてです。今年は、4月に日本の東京都美術館、6月に陝西省西安市、8月に北京の民族文化宮でそれぞれ書画展を行いました。

 なお、ソウル展は11月30日まで開催される予定です。(取材:李陽)

图片默认标题_fororder_4

中国の芸術家による作品

图片默认标题_fororder_5
日本の芸術家による作品

图片默认标题_fororder_6
韓国の芸術家による作品

图片默认标题_fororder_7
モンゴルの芸術家による作品

图片默认标题_fororder_8
各国の青少年たちの作品

 

コメント()

ラジオ番組
12月10日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
佟同