第15回笹川杯全国大学日本知識大会、北京大で開催

2018-11-18 20:20  CRI

图片默认标题_fororder_笹川杯1

会場の様子

 「笹川杯全国大学日本知識大会2018」が17日、18日に北京大学で開催されました。今年は全国109校の大学から327名の大学生が参加しました。

图片默认标题_fororder_笹川杯2

会場の様子

 大会はクイズ形式で行われ、内容は日本の文学や歴史から音楽、アニメ、地理、風習など多岐に及びました。中には難しい問題もあり、正解すると会場から大きな拍手が起こりました。学生たちは個人戦と団体戦で競い、早押し問題や○×問題など、緊張感が漂う中で、一生懸命に日頃の日本に関する知識を競いました。

 団体戦決勝では8校がしのぎを削り、対外経済貿易大学が優勝しました。今大会の個人賞の上位6名と団体賞上位3校の9名計15名の学生が、副賞として8日間の日本への旅に招待されます。

 団体戦で優勝した対外経済貿易大学の学生は、「この夏から大会の準備を始めた。3人がそれぞれ集めた日本に関する知識をシェアし、チームワークがあったからこそ、勝利に結びついた」と感想を語りました。また、「指導教員の寺田昌代先生が、日本からお守りを買ってくれるほどまで応援してくれたから、よい結果を出すことができた」と感謝の言葉を述べました。

图片默认标题_fororder_笹川杯3

图片默认标题_fororder_笹川杯4

图片默认标题_fororder_笹川杯5

団体戦で優勝した対外経済貿易大学の学生

 2004年から始まった「笹川杯全国大学日本知識大会」は、今年で15回目を迎えました。主催者の日本科学協会の大島美恵子会長によりますと、今年の新たな試みとして、日本の若者に中国のことを知ってもらうため、「全日本パンダ杯作文コンクール」と連携したということです。パンダ杯参加者の26名の日本人学生は日本から北京を訪れ、大会に参加して、中国の学生と交流を行いました。大島会長は「このような双方向の交流を今後も続けていきたい」と若者が築く中日関係の発展に期待を寄せました。(文、写真 王秀閣)  

コメント()

ラジオ番組
12月10日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
李阳