中日平和友好条約締結40周年記念 師村妙石篆刻書法展開幕=北京

2018-11-08 22:03  CRI

 篆刻家であり書家である師村妙石(69)の中国での個展が8日、中国美術館で開幕しました。「師古妙創-師村妙石篆刻書法展」と題するこの展覧会は、在中国日本大使館と中国美術館の共同主催による中日平和友好条約締結40周年記念イベントで、同氏の中国における30回目の個展となります。今回出展される46組の作品は、漢字が日本に伝わった後の変化や、中国の百家姓、清末民国初期の美術家呉昌碩による梅香の詩をモチーフにした篆刻と書を融合した作品などが含まれています。

图片默认标题_fororder_1256525036
中国美術館 
图片默认标题_fororder_4.JPG
開幕式の様子

 開幕式では、中国美術館の呉為山館長が「『和』と『愛』は、師村氏が作品の中でもっとも良く表現している文字で、平和と発展こそ人類共通の目標だとの意思を伝えている。篆刻と書という文化の糸が、両国の間でいつまでも紡がれていけるよう祈っている」と挨拶しました。

图片默认标题_fororder_1.JPG
中国美術館・呉為山館長 

 また、横井裕日本大使は、師村氏が長年両国の文化交流に尽力してきたことを高く評価し、「篆刻は中国では3700年以上の歴史がある。作品を堪能すると同時に、篆刻文化を通じて培われた日中の絆の強さと深さを感じてほしい」と観客への期待を語りました。

图片默认标题_fororder_2.JPG
横井裕日本大使 

 師村氏は1949年に宮崎県で生まれました。1972年に初訪中して以来、今回で210回目の訪中となります。また、この3月には、「師村妙石芸術センター」を浙江省嘉興市に開設しています。

图片默认标题_fororder_3.JPG
師村妙石氏 

图片默认标题_fororder_5.JPG

图片默认标题_fororder_6.JPG

图片默认标题_fororder_7.JPG
展示会場の様子

(取材:王小燕 写真提供:中国美術館)

 

 

コメント()

ラジオ番組
12月11日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王帅