「エリア・高校融合展」、楊凌農業博覧会で開幕

2018-11-06 22:28  CRI

 第25回中国楊凌農業ハイテク成果博覧会が5日、陝西省楊凌農業ハイテク産業モデルエリアで開幕しました。博覧会の開催以来、初めてとなる「エリア・高校融合展」がメイン展覧館であるC館で行われました。

图片默认标题_fororder_1

中国楊凌農業ハイテク成果博覧会「エリア・高校融合展」(撮影:王瑩)

 「エリア・高校融合展」は楊凌農業ハイテク成果博覧会をグレードアップするという要求に応える形で設立されたものです。楊凌農業ハイテク産業と高校が融合した成果や共同イノベーションのメカニズム、イノベーション創業の成果、手を携えて切り開く未来を展示し、楊凌モデルエリア発展の新しいイメージを示すことを目的としています。

图片默认标题_fororder_2

中国楊凌農業ハイテク成果博覧会「エリア高校融合展」の現場(撮影:王瑩)

 展示会は「エリアと高校の融合と発展」をテーマとして、農業のハイテクや農業の新品種、科学技術の普及の新しいスタイル、世界各国の農業協力の新たな成果、農業産業化の新しい手本に焦点を当て、「インターネット+」、「知能農業」、「農業科学ブランド」などの要素も取り入れています。楊凌モデルエリア(楊凌自由貿易エリア)、西北農林科学技術大学、楊凌職業技術学院などがエリアと高校の共同イノベーションを加速させ、国家の使命を履行すること、国の旱魃や半旱魃地区の農業が持続可能な発展を実現させていくことなどについて特別展示しています。

图片默认标题_fororder_3

中国楊凌農業ハイテク成果博覧会「エリア・高校融合展」の現場(撮影:王瑩)

图片默认标题_fororder_4

「エリア・高校融合展」で展示の西北農林科学技術大学の農用シリーズ検査観測器械(撮影:宋佳)

图片默认标题_fororder_5

「エリア・高校融合展」で展示の西北農林科学技術大学の牡丹種で抽出した油製品(撮影:王瑩)

图片默认标题_fororder_6

「エリア・高校融合展」で展示の西北農林科学技術大学の牡丹種で抽出した油製品(撮影:王瑩)

 西北農林科学技術大学や楊凌職業技術学院が開発した110余りの新品種や130以上の新技術が、展示会で集中的に展示されています。楊凌自由貿易エリアは、ロシア国家商会やウクライナ国家商会など、様々な国の国際商会や協会と共同で展示を行っています。楊凌の一部の農業関係の企業も展示会に参加しています。

 展示会には注目スポットが設けられ、見所があることが、楊凌農業ハイテク成果博覧会メイン会場の特徴となっています。(藍、星)

コメント()

ラジオ番組
11月16日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王巍