IMF、今年と来年の世界経済成長率を下方修正

2018-10-09 21:10  CRI

00:00:00
00:00:00

3

 国際通貨基金(IMF)は8日、今年と来年の世界経済の成長率見通しを3.7%に下方修正すると発表しました。「貿易摩擦により世界経済に悪影響が生じる」と指摘しています。

 IMFは、世界経済に関する最新の見通し(WEO)で、今年と来年の成長率は去年と同じ3.7%となると予測しています。

 具体的には、先進国や地域の今年の成長率は2.4%で、このうち米国が2.9%、ユーロ圏が2%、日本が1.1%となり、一方で新興国や発展途上国は4.7%で、このうち中国は6.6%に達すると見込んでいます。

 また報告書では、「過去数十年におけるルールに基づく貿易一体化がもたらした利益を維持拡大するため、各国は協力を進め、コストをさらに削減し、食い違いを解消していくべきだ」と指摘しています。(玉華、森)

コメント()

ラジオ番組
10月17日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
马玥