バスケ女子W杯で中国が5年ぶりに日本破りベスト8進出

2018-09-28 13:42  CRI

3

 バスケットボール女子のワールドカップ(W杯)は26日、スペインのテネリフェで準々決勝進出を決める試合が行われ、中国が宿敵日本を87対81で勝ち、ベスト8入りを決めた。女子アジアカップ3連覇の偉業を達成している日本は中国とって厚い壁だったが、約5年ぶりにその壁を撃破したことになる。北京青年報が報じた。

 今回のバスケットボール女子W杯の決勝ラウンドに、アジアから勝ち上がったのは中国と日本だけだったが、奇しくも準々決勝進出を決める試合で対戦することになったのは「運命」と言えるかもしれない。試合は前半、日本のペースで進み、中国は日本にボールを支配されて守りに回る時間が多かった。試合が進むにつれて、中国チームの許利民監督は、作戦を調整したり、メンバーを入れ替えたりして、ペイントエリア内への攻撃やディフェンスを強化し、内外をうまく組み合わせた戦いの流れをつかむようになった。そして、前半終了間際に逆転に成功し、2点リードで後半を迎えた。最後の20分間は、リードする中国を日本が追い上げ、逆転の機会が何度も訪れる大接戦となったものの、若手中心の中国は最後まで慌てることなく、6点リードのまま試合終了のホイッスルを聞き、強豪日本に勝利してベスト8進出を決めた。

3

 女子バスケの新チーム結成の際、許監督は、「まずは日本に勝って、アジアチャンピオンの座を奪取することが任務」と目標を掲げた。それは、最近の女子アジアカップで、中国は日本に勝つことができず、日本が3連覇を遂げていたためだ。特に2015年に湖北省武漢市で開催された女子アジアカップでは、中国は日本に35点差をつけられて敗れるという屈辱も味わった。この5年間の中国の日本に対する戦績は6戦6敗で、中国にとって日本は超えられない高いハードルのような存在になっていた。許監督は、女子バスケットボール中国代表の監督を引き受けた後、練習場の壁にアジアカップで優勝した日本代表の写真を貼り、「日本に勝つまで写真ははがさない」と若手中心の選手の闘志を刺激した。そして、8月に開催されたアジア大会2018ジャカルタでは、主力が全員出場していない日本だったものの、中国は準決勝でその壁を撃破し、優勝した。そして、今回のW杯でも日本に勝利して、中国女子バスケはついに鬼門を突破し、これでようやく写真をはがせることになった。準決勝で中国は世界ランキング11位の強豪オーストラリアと対戦する。(編集KN)

 「人民網日本語版」2018年9月27日

コメント()

ラジオ番組
12月17日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
佟同