中国大陸部映画興行週間ランキング(2018.9.17–2018.9.23)

2018-09-27 15:11  CRI

 中国の伝統的祝日、日本では「中秋の名月」でおなじみの中秋節3連休を挟んだ1週間でした。連休とはいえ、次週にさらに大型の国慶節7連休が続くため、この1週間は落ち着いた客足を見せました。香港映画の人気シリーズ『反貪風暴』の3作目が2週連続1位を達成したほか、もう1本の香港の新作『黄金兄弟(Golden Job)』が初登場2位でした。

単位:万元

3

 

~作品紹介~

3

 【1位】反貪風暴3(L Storm)

 公開日:2018年9月14日

 監督:林徳禄(デビッド・ラム)

 主演:古天楽(ルイス・クー)張智霖(ジュリアン・チョン)鄭嘉頴(ケビン・チェン)鄧麗欣(ステフィー・タン)

 贈収賄やマネーロンダリングなど、「経済犯罪」を次々に摘発する香港の汚職捜査機関「ICAC(廉政公署)」の活躍を描く香港のサスペンス・シリーズ『反貪風暴』の第3弾が2週連続1位をゲット!このシリーズは、TV番組の演出家出身である林徳禄(デビッド・ラム)監督と、香港を代表する俳優、古天楽(ルイス・クー)との強力タッグによるもので、今作では前作から登場した張智霖(ジュリアン・ チョン)が続投し、古天楽とW主演を務めています。2年ぶりとなる今作は、ICAC内部の汚職問題を捜査するLチームの活動を中心に描くものとなっています。

3

 【2位】黄金兄弟(Golden Job)

 公開日:2018年9月21日

 監督:錢嘉樂(チン・ガーロウ)

 主演:鄭伊健(イーキン・チェン)陳小春(ジョーダン・チャン)謝天華( マイケル・ツェ)錢嘉樂(チン・ガーロウ)林曉峰(ジェリー・ラム)

 1990年代に大ブームを巻き起こした香港の人気シリーズ映画『欲望の街 古惑仔』のメインキャスト5人がシリーズ完結から17年ぶりに再集結する『黄金兄弟(Golden Job)』が初登場2位。この顔ぶれを見ただけで、30代、40代の映画ファンが悲鳴を上げて喜ぶ1本かもしれません。今作は、『欲望の街 古惑仔』を彷彿とさせるような、男たちの友情をテーマにしたアクション映画で、メインキャストの一人である錢嘉樂が監督を務め、あの曾志偉(エリック・ツァン)がプロデューサーを担当しています。ハンガリーや日本、モンテネグロ、台湾、内蒙古などでもロケが行われました。

3

 【3位】ミッション:インポッシブル フォールアウト(中国題:碟中諜6:全面瓦解)

 公開日:2018年8月31日

 監督:クリストファー・マッカリー

 主演:トム・クルーズ ヘンリー・カビル ビング・レイムス サイモン・ペッグ レベッカ・ファーガソン

 トム・クルーズ主演の代表作『ミッション:インポッシブル』シリーズ第6作『ミッション:インポッシブル フォールアウト(中国題:碟中諜6:全面瓦解)』がトップ3をキープ!今回、トム・クルーズ演じるスーパー・エージェント=イーサン・ハントと仲間たちは、CIAの敏腕エージェントのウォーカーと共に、秘密組織「シンジケート」の残党が結成した「アポストル」からプルトニウムを守るミッションを遂行することになります。シリーズを通してさまざまな難スタントに挑んできたトム・クルーズですが、今作でも、自らヘリコプターを操縦してアクロバット飛行にも挑戦するなど、数々の危険なスタントをこなしています。日本公開は8月3日でした。

3

 【4位】悲傷逆流成河(Cry Me A Sad River)

 公開日:2018年9月21日

 監督:落落(ルオルオ=趙佳蓉)

 主演:趙英博(チャオ・インボー)任敏(レン・ミン)辛雲来(シン・ユンライ)章若楠(ジャン・ルオナン)朱丹妮(ジュー・ダンニー)

 映画監督としても話題作を連発してきた人気作家の郭敬明(グオ・ジンミン)原作の同名小説『悲傷逆流成河(Cry Me A Sad River)』が、女性監督、落落(ルオルオ=趙佳蓉)により映画化を実現!今作は、学園生活をテーマにした青春群像劇で、中国でますます社会問題化している「いじめ」を取り上げたということで、大きく注目されています。

3

 【5位】江湖児女(Ash Is Purest White)

 公開日:2018年9月21日

 監督:賈樟柯(ジャ・ジャンクー)

 主演:趙涛(チャオ・タオ)廖凡(リャオ・ファン)徐崢(シュー・ジェン)梁嘉艶(リャン・ジャーイェン)馮小剛(フォン・シャオガン)

 今年5月のカンヌ国際映画祭メインコンペティション部門に出品された賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督の新作『江湖児女(Ash Is Purest White)』が全国公開スタート!1950年に刊行が始まったフランスの映画情報誌『カイエ・デュ・シネマ』や、有名映画情報サイト「Ioncinema」が「今年最も期待される映画」の一つとして、この『江湖児女』を取り上げています。今作の制作にはフランスのスタッフや日本のオフィス北野も参加しているため、実質、中・仏・日3カ国の合作と言えます。ストーリーは、中国山西省を舞台に、ヤクザの男と、彼を一途に愛し続ける女性の十数年にわたる愛と別れと再会の物語で、2000年代以降の中国社会の壮大な変遷を背景に描かれた、力強い内容となっています。主演は賈監督作品を中心に女優活動を続けてきた、賈樟柯のミューズ=趙涛(チャオ・タオ)と、『薄氷の殺人』(2015)などの廖凡(リャオ・ファン)です。脚本も賈監督が務め、プロデューサーは日本側は市山尚三、フランス側はナタナエル・カルミッツとオリヴィエ・ペールが務めています。

3

 【6位】大閙西遊(Monkey Magic)

 公開日:2018年9月22日

 監督:馬系海(マー・シーハイ)

 中国国際アニメ『大閙西遊(Monkey Magic)』がニューエントリー。本作は、孫悟空に憧れた主人公の子ザルが、ひょんなことから年老いた本物の孫悟空と出会い、新たな西遊記の旅を始めるという物語です。

3

 【7位】DESTINY 鎌倉ものがたり(中国題:鎌倉物語)

 公開日:2018年9月14日

 監督:山崎貴

 主演:堺雅人 高畑充希 堤真一 安藤サクラ 田中泯 三浦友和 薬師丸ひろ子 要潤

 『ALWAYS 三丁目の夕日』や『寄生獣』『スタンドバイミー ドラえもん』など数々の話題作を送りだした山崎貴監督の話題作『鎌倉ものがたり』が中国で好評上映中!主演の堺雅人はTVドラマ『半沢直樹』により中国でも人気を博したため、日本ドラマファンからの注目を集めています。ほかに、高畑充希や堤真一、安藤サクラ、三浦友和、薬師丸ひろ子など豪華キャスト陣が出演しています。

3

 【8位】デス・ウィッシュ(中国題:虎胆追凶)

 公開日:2018年9月21日

 監督:イーライ・ロス

 主演:ブルース・ウィリス ビンセント・ドノフリオ エリザベス・シュー ディーン・ノリス キンバリー・エリス

 ブライアン・ガーフィールドの同名小説をチャールズ・ブロンソン主演で映画化した1974年の映画『狼よさらば』が、ブルース・ウィリス主演でリメイク。メガホンを取っているのは『グリーン・インフェルノ』のイーライ・ロス監督。これは、警察すら手に負えない無法地帯となったシカゴを舞台にした復讐劇で、ブルース・ウィリスは復讐の鬼となった主人公の外科医を演じており、共演は『ジュラシック・ワールド』などのビンセント・ドノフリオや『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のエリザベス・シュー、モデルのカミラ・モローネなど。日本公開は2018年10月19日の予定。

3

 【9位】アルファ(阿爾法:狼伴帰途)

 公開日:2018年9月7日

 監督:アルバート・ヒューズ

 主演:コディ・スミット=マクフィー ナターシャ・マルテ レオノア・バレラ ヨハネス・ハウクル・ヨハンソン イェンス・フルテン メルセデス・デ・ラ・ゼルダ

 人間と犬の共生の原点が明かされる作品として好評を受けた米国映画『アルファ(阿爾法:狼伴帰途)』が、3月の全米公開から半年越しに中国で公開中。有史以前である2万年前の氷河期のヨーロッパを舞台に、牛狩りの最中に部族からはぐれてしまった少年が狼の「アルファ」と共にサバイバル生活をする姿を描いた冒険ドラマ。『X-MEN: アポカリプス』や『ザ・ロード』などで知られるコディ・スミット=マクフィーが主演を務めており、監督はヒューズ兄弟の一人、アルバート・ヒューズ。アルバートは双子の弟のアレンと共に『ザ・ウォーカー』や『フロム・ヘル』を送り出していますが、今作では単独でメガホンをとっています。日本公開は未定です。

3

 【10位】アントマン&ワスプ(中国題:蚁人2:黄蜂女現身)

 公開日:2018年8月24日

 監督:ペイトン・リード

 主演:ポール・ラッド エバンジェリン・リリー マイケル・ペーニャ ウォルトン・ゴギンズ ボビー・カナベイル マイケル・ダグラス ミシェル・ファイファー

 マーベルコミックのスーパーヒーロー、「アントマン」を主人公とする映画シリーズの第2作『アントマン&ワスプ(中国題:蚁人2:黄蜂女現身)』が中国でロングヒット中!シリーズ第1作と2016年の『キャプテン・アメリカ』シリーズの第3弾『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に加え、「アントマン」が登場する作品はこれで3作目となります。本作は、体長1.5センチにまで小さくなることができる異色のヒーロー・アントマンと、同じく伸縮自在な戦うヒロイン・ワスプの2人の活躍を描くもので、内容的には『アベンジャーズ』の第4弾にもつながっていくということです。日本公開は2018年8月31日から。 (ミン・イヒョウ、謙)

コメント()

ラジオ番組
11月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
佟同