米機構、中国の発展途上国へのインフラ投資を高評価

2018-09-13 14:59  CRI

   米国のウィリアム・アンド・メアリー大学に所属する援助活動追跡調査機構は11日、研究報告を発表し、「中国の援助によるインフラ投資プロジェクトは、発展途上国の不均衡な発展の問題解消に役立つ」との考えを示しました。

   この報告は、中国が2000年から2014年までの間にアジア、アフリカ、ラテンアメリカ、中東地域の計138の国と地域に対して行った3485件の発展援助プロジェクトを分析したものです。米国のハーバード大学とウィリアム・アンド・メアリー大学、ドイツのハイデルベルク大学から参加した研究員によって作成されました。

   報告は、中国が援助した発展プロジェクト、特に相互連結のためのインフラ投資プロジェクトが積極的にスピルオーバー効果(公共サービスの便宜が、その対象だけでなく周辺地域にまで及ぶこと)を生み、各国・各地域の内部と地域間の経済格差や発展のアンバランスさを低減したとしています。

   さらに、「相互連結は、中国が提唱した『一帯一路』建設の重要な内容であり、インフラの相互連結に関する中国の約束は、発展途上国における経済と福祉の平等な分配に大きな影響を及ぼす」と指摘しました。(雲、謙)

コメント()

ラジオ番組
11月18日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
李阳