世代をつなぐ青春の歌「絨花」

2018-08-17 15:43  CRI

00:00:00
00:00:00

3

 8月中旬の北京は厳しい残暑が続いていますが、ようやく朝夕は涼しくなり、少しずつ秋の気配も感じられるようになりました。今年の初めに公開された映画「芳華(ファンホァ)」の挿入歌「绒花」は多くの若者を感動させました。実はこの歌は1979年の映画「小花(小さな花)」の中で既に主題歌として歌われていて、当時大ヒットしました。今回の中国メロディーは、40年の時を経て繋がれた二つの映画の挿入歌「绒花」の魅力をご紹介しましょう。

今年の人気映画「芳華」

 映画「芳華(ファンホァ)」は間違いなく今年、最も人気がある映画の一つと言えるでしょう。映画はネットや各メディアからの賞賛を受け、多くの観客は映画の最後に涙をぬぐっていました。上映後、観客たちはみんな映画の世界に浸り続け、劇場を離れたくなかったそうです。

3

 映画「芳華(ファンホァ)」は理想と情熱に溢れる軍隊文芸工作団を舞台に、青春真っ盛りの若い男女が成長する中で愛情を育み、変化し続ける運命に立ち向かうという物語です。

 過酷な運命を背負う男女2人の主人公、劉鋒と何小萍は何があっても変わることなく、他人へ親切に接します。こんな主人公たちの姿は「世界は痛みにキスをして、私は歌に報いる」というインドの詩人・タゴールの名句を思い浮かべさせます。最後は、この気立てのよい2人が互いに寄り添って余生を共にすることになります。

3

 映画の最後で韓紅(ハン・ホン)が一途な感情を込めて歌ったエンディング曲「绒花」のメロディーが終わった後、多くの観客は割れんばかりの拍手を送りました。この拍手は誠実な人たちへの敬意の表れなのかもしれません。

約40年前の映画「小花」

 映画「芳華(ファンホァ)」の中のエンディング曲「绒花」は、観客たちに深い印象を与えました。この歌は20代、30代の若者たちにとってはあまり馴染みがない歌かもしれません。ところが、実はこの歌は1979年に公開された映画「小花」の中の挿入歌で、その抒情的なメロディーはヒロインの美しい心の世界を生き生きと表現しました。この曲は第3回映画百花賞映画音楽賞を受賞しています。

3

 「小花」という名の実の妹と義理の妹、その兄の3人の絡み合う感情を軸に、兵士と人々の深い心の交流を描きました。映画のクライマックスでは、ヒロインで共産党ゲリラ隊隊長の何翠姑は負傷した兄を救うため、担架を担ぎ、苦労しながらも石造りの階段を登っていきます。このシーンで広がる起伏する山々、まっすぐに伸びている青々とした松の木、木の枝や葉を通した日差し、地面に伸びる影は、壮大で美しい青春の場面を作り上げました。この時に、李谷一の美しく哀愁を帯びた歌声が流れ、戦争によってもたらされた苦しみを歌いました。当時、この歌を歌った李谷一は、この曲で一躍有名になり、名曲「絨花」は今も歌い継がれています。

3

番組の中でお送りした曲

1曲目 韓紅(ハン・ホン)バージョン「絨花」

 歌詞:

世の中にある美しい花が咲きほこる

それは青春の芳しい薫りを漂わせる

頑強で不屈な意志の花が咲き

英雄の血がそれを染める

ああ 绒花よ

2曲目 李谷一バージョンの「絨花」

絨花は伝説上の花のことで、曲は絨花を通じて英雄たちを讃えています。1979年にこの歌を歌った李谷一は、この曲で一躍有名になりました。

コメント()

ラジオ番組
12月13日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王巍