外交部、米のイラン制裁再開で「対話こそ正しい道」

2018-08-11 18:06  CRI

00:00:00
00:00:00

 米国がイランに対する一方的な制裁の再開を宣言したことに対し、外交部の陸慷報道官は10日、「対話こそ問題解決のための正しい道である」と述べました。

 陸報道官は「中国は、一方的な制裁と『ロング・アーム法』に一貫して反対しており、この立場を何度も表明している。中国はイランと長期にわたって経済、貿易、エネルギーなどの分野で、公開性と透明性のある正常な協力を行っている。こうした協力は合理的かつ合法的なものであり、国連安保理決議と中国が約束した国際的義務に違反するものではなく、他国の利益を損なうこともないため、尊重・保障されるべきである」と主張しました。

 その上で、「ともすれば制裁を加えたり、あるいは制裁を持ち出して脅迫したりするようでは問題は解決されない。対話と交渉こそが真の解決法である。関係各側が平等と相互尊重を原則に、対話を通して意見の相違を解消し、地域と世界の平和・安定を共に守っていくよう期待する」と述べました。(鵬、謙)

コメント()

ラジオ番組
12月15日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王帅