米、貿易摩擦で一部企業に投資計画見直しの動き

2018-08-08 18:25  CRI

00:00:00
00:00:00

 米国のアトランタ連邦準備銀行が7日に発表したアンケートの結果によりますと、一部の米国企業はトランプ政権による輸入制限措置に対する懸念感から、投資計画を見直したり、あるいは見送るか中止したりする動きも出ているということです。

 また、関税引き上げによる影響について、サービス業よりも製造業の方が懸念感が強いことが分かりました。製造業では25%、小売りや卸売り、物流業者の28%が投資計画を見直しているとのことです。

 アトランタ連邦準備銀行は、「米国企業の中で、製造業が貿易摩擦によるダメージを一番強く受けている。これ以上エスカレートすれば、関税への懸念から、米国企業へのダメージはさらに拡大する恐れがある」とみています。(鵬、森)

コメント()

ラジオ番組
8月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
马玥