河北省の仏教画家、古代の巨大壁画を10年かけて再現

2018-07-26 16:11  CRI

3

 河北省石家荘市に住む画家・姚淑龍氏と仏教壁画との縁は、彼がまだ幼い頃、近所にある寺院を参拝したことがきっかけで始まりました。

 姚氏は10年の歳月を費やし、200平方メートルを超える古代の壁画を、木製の板の上に実寸大で再現しました。それは、今まで培ってきた線描(墨で輪郭だけをつける技法)、着色、金箔張りといった技法の集大成といえます。

 姚氏はここ2年間、展示会や講座などを実施し、中国の伝統的な壁画の芸術を伝えることで、その魅力を人々に広める活動に力を入れています。(殷、謙)

3

3

3

3

3

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
马玥