快適な設備を搭載した16両編成の「復興号」が登場

2018-07-03 12:36  CRI

图片默认标题_fororder_FOREIGN201807021319000171888363787

图片默认标题_fororder_FOREIGN201807021319000173326294924

图片默认标题_fororder_FOREIGN201807021319000183121497355

 中国全土の鉄道が7月1日からの路線・ダイヤの改訂と同時に、夏休みの学生の帰省ラッシュモードに突入した。また今回、車両数を16両まで増やした高速列車「復興号」が初めて乗客の前にその姿を現した。中国新聞網が伝えた。

 16両編成の「復興号」は、現行の列車の中央部分に配備されていた先頭車両2両を一般車両に付け替え、総合的な輸送力をさらに向上させた。現在、16両編成の「復興号」には、ビジネスシート、一等席、二等席が設置され、列車の全長は400メートル以上に、定員数は1193人に達し、現行の8両編成の「復興号」よりも定員数やビジネスシートの数が増え、さらには時速350キロの運行条件を同様に満たしている。また、16両編成の「復興号」は京広(北京-広州)高速鉄道、滬昆(上海-昆明)高速鉄道などの路線でも今後運行される見通し。

 このほど、北京市大興区蘆花路の北京高速鉄道区間で16両編成の「復興号」を取材した。全く新しい16両編成のCR400BF-A-3025型「復興号」は、整備士による整備と試運転の準備が行われていた。「人民網日本語版」http://j.people.com.cn/

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王巍