北京冬季五輪会場デザインに李興剛氏が抜擢

2018-06-25 16:52  CRI

图片默认标题_fororder_7

   2008年北京五輪のメイン会場となった「鳥の巣」こと国家スタジアムのデザインで知られる中国建築設計研究院の建築家、李興剛氏が、このほど2022年北京冬季五輪・延慶エリアにある会場デザインを手がけることが決まりました。李氏のデザインの理念は「ただの建物作りではなく、中国文化の伝承が深く溶け込んでいる」というものです。

   今回、李氏が手がけるのは、延慶エリアにある2つの競技施設(国家高山スキーセンターと国家ボブスレー・スケルトンセンター)、2つの非競技施設(延慶五輪村と延慶山地メディア・センター)です。2018年平昌五輪と比べて、延慶エリアは範囲が狭く、密林地帯に集中しているため、デザインと建造の難易度も高くなっています。

   李氏は建築家として活動してきたこの30年間で、績渓博物館や唐山第三空間総合体、元上都遺跡ステーションなど数多くの作品を生み出してきました。その取り組みは中国建築芸術賞、アジア建築推進賞、ArchDaily世界年度建築大賞など、様々な建築賞に輝いています。(ミン・イヒョウ 星)

コメント()

ラジオ番組
11月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
李阳