独首相、G7サミットでの米と各国との「激論」を示唆

2018-06-07 18:23  CRI

00:00:00
00:00:00

 ドイツのメルケル首相は6日、ドイツ連邦議会(下院)で、一部多国間の協議について、「ドイツと米国などの国家の間には『深刻な課題』が存在する。そのため、まもなくカナダで開催される主要7カ国(G7)首脳会合では激しい議論になる可能性がある」としました。

 メルケル首相は「ドイツは、昨年のG7サミットと主要20カ国・地域(G20)首脳会合において貿易と気候変動などの問題について達成された共通認識の維持、特に公平な多国間貿易体制の維持と保護貿易主義への反対に尽くしていく」との考えを示し、さらに「トランプ米大統領とは、貿易問題およびイラン核合意について話し合う」と示しました。

 今年のG7サミットは、今月8日から9日にかけてカナダのケベック州で開催されることになっています。現在、米政府が一方的にイラン核合意から脱退し、また、EUやカナダから輸入する鉄鋼やアルミニウム製品に高額な関税を課したことで、米政府とドイツを含む複数の国家との間には問題が生じています。

 メルケル首相はまた、ロシアとの関係について「現在のところ、ロシアをG8に戻すことはできないが、密接な対話は保っていく」としました。(ヒガシ、謙)

コメント()

ラジオ番組
9月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王帅