中日のアート交流が今、「越後正志:中国製造」にみる中国と世界

2018-05-22 19:58  CRI

 

00:00:00
00:00:00

图片默认标题_fororder_x2-3
キュレーター・鷲田めるろさん(左)、アーティスト・越後正志さん(右)

担当:王小燕、斉鵬

 今週は現代アートにおける中日交流にフォーカスします。6月30日まで、北京の独立系アートスペース「的|芸術中心(de Art Center)」で開催される現代アート展「越後正志:中国製造」で取材してきました。

 中国は、30年あまりの高度成長で世界第2の経済大国に躍進し、一人平均のGDPも9000ドル台にまで達するようになりました。富裕層の出現により、個人の収集家や資産家が作られた民間美術館が増える中、アートと現実社会との関係性をどう確立すればよいのかを、真摯に考える若手キュレーターや独立系アートスペースが表れています。

CRIインタビュー_fororder_11
CRIインタビュー_fororder_03

展示風景

 「越後正志:中国製造」の会場である「的|芸術中心(de Art Center)」もそうした独立系アートスペースの一つです。元大手美術館のアートディレクターを歴任したキュレーターの夏彦国さんがこの3月に、北京の旧市街地に開設した施設です。中日韓をはじめとしたアジアのアート交流の拠点を目指すこのセンターにとって、4月下旬にオープンした「越後正志:中国製造」は2個目の展覧となります。キュレーションを担当したのは、この4月に独立キュレーターになって世界を舞台に活躍中の鷲田めるろさんです。

 グローバリゼーションの背景の下、「中国製造」が中国の社会、人々の暮らしぶりや価値観をどのように変え、またそれが世界の国々や人々の暮らしにどのような影響を及ぼしたのか。興味深い様々な視点が今回の展覧に映し出されています。オープニング式典終了後、アーティストの越後正志さん、キュレーターの鷲田めるろさん、夏彦国さんなどにマイクを向けてみました。                     

CRIインタビュー_fororder_webwxgetmsgimg (1)
右から越後正志さん、鷲田めるろさん、夏彦国さん

CRIインタビュー_fororder_05.JPG
展覧会スタッフ集合写真、「的|芸術中心(de Art Center)」前にて

 なお、「的|芸術中心(de Art Center)」は完全予約制で、毎週の火・木・土11:00-18:00がオープン時間です。詳細は公式Wechat【deArtCenter】か、公式サイトhttp://deartcenter.orgをご参照ください。(写真提供:de Art Center、撮影:ARTEXB)

CRIインタビュー_fororder_22

 

ラジオ番組
6月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
张强