中国の無形文化遺産 浙江省仙居県の刺繍入り骨なし灯籠工芸

2018-05-08 11:32  CRI

图片默认标题_fororder_photo0508-1-1

 現地の人々から「唐灯」と呼ばれる浙江省仙居県の刺繍入り骨なし灯籠工芸は、唐代から存在する。この灯籠には骨組みが一切なく、サイズや形状が異なる紙を貼り付け、その上さらに刺繍針による様々な美しい花模様が縫い付けられた紙を貼り付けるなど、全13工程に及ぶ細かい作業を通して制作される。この灯籠は2006年、中国国務院によって無形文化遺産保護リストの第1陣として登録されている。浙江省の無形文化遺産プロジェクトを代表する伝承人の王汝蘭さん(81)は、20世紀80年代から、この灯籠の表面を飾る図案や模様の制作に打ち込んできた。単灯の代表作には、ライチ灯籠や菊花灯籠、宝石灯籠などがあり、組灯の代表作には、長旗灯籠、古亭灯籠などがある。「人民網日本語版」より

图片默认标题_fororder_photo0508-1-2

图片默认标题_fororder_photo0508-1-3

图片默认标题_fororder_photo0508-1-4

图片默认标题_fororder_photo0508-1-5

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
马玥