中国のスマートな大学キャンパスに省エネ教室が登場

2018-04-27 15:58  CRI

图片默认标题_fororder_t2

 第1回中国教育後方支援業務展覧会で紹介されたキャンパスにおけるハイテクが人々を驚嘆させている。スマートキャンパス飲食設備から顔認証応用システム、節約型キャンパス省エネ監督管理プラットフォームなどが次々登場した。インターネットやビッグデータなどの新技術が急成長する時代において、大学の後方支援管理がいかにより良いサービスを提供し、キャンパス文化作りを支援し、後方支援による人材育成のより良い効果を得ていくかといった点などについて、深く検討する価値がある。人民日報が伝えた。

 ◆顔認証食堂

 浙江大学玉泉キャンパス第二食堂は今年の新学期スタートからたちまちネットで有名になった。その理由は顔認証。初回利用時に入口の顔認証装置で登録を行い、キャンパスカードと紐つけするだけで、その後は自動決済を可能にしている。

 ◆スマート宅配ボックス

 多くの学生はキャンパス内のスマート宅配ボックスに慣れ親しんでいる。これは個人に代理受取、代理発送、一時保管を提供する場であり、キャンパス内の「最後の100メートル」問題を解消している。

 ◆省エネ教室

 省エネ教室は教室内の人数や照明の明るさ、室内の気温をモニタリングすることで、照明の自動スイッチオン・オフと、エアコンの自動温度調節で、省エネを実現する。(編集YF)

人民網日本語版」より

ラジオ番組
5月27日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 周莉&孟群_fororder_周四周莉孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
佟同