広州地下鉄列車で宇宙材料を応用

2018-04-26 14:49  CRI

 图片默认标题_fororder_t2

 広州地下鉄14号線1期の第1陣となる列車2本が、24日に引き渡された。同列車の多くの設計や材料においていずれも初の応用が多く採用されているほか、宇宙材料も車体に初めて応用された。中国新聞網が伝えた。

 引渡し会場を取材したところ、全30本の14号線1期列車は毎月2−3本のペースで広州地下鉄に引き渡され、調整テストを実施していく計画だという。上半期に引き渡し作業を終え、年末の線路開通時に正式に使用されるとしている。

 広州地下鉄14号線1期列車においては多くの設計や材料が初の応用となり、従来よりも省エネ性能と安全性が優れている。新型材料を使用する列車の重量は、1本あたり約3.46トン軽くなった。

 また高架橋と露天の区間が多いため、車内の照明には外部環境の変化により自動的に調節する機能がついている。列車走行部には観測システムが取り付けられており、リアルタイムの観測と診断が可能なため、列車の安全性がさらに高まった。

 「人民網日本語版」より

コメント()

ラジオ番組
8月18日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
佟同