中国大陸部映画興行週間ランキング(2018.1.1–2018.1.7)

2018-01-12 16:07  CRI

 ランキングの動きは穏やかな1週間。人気ラブコメシリーズ『前任』の第3弾が2週目で1位に上り詰め、興行収入では1億元突破を果たした2018年初の映画となりました。ニューエントリーはたった1本、『スター・ウォーズ』シリーズの最新作です。

中国大陸部映画興行週間ランキング(2018.1.1–2018.1.7)

~作品紹介~

中国大陸部映画興行週間ランキング(2018.1.1–2018.1.7)

 【1位】前任3:再見前任(The Ex-File: The Return of the Exes)

 公開日:2017年12月29日

 監督:田羽生(ティエン・ユーシェン)

 主演:韓庚(ハン・ギョン) 鄭愷(ライアン・チェン) 于文文(ケリー・ユー)曾夢雪(ヅェン・モンシュエ) 羅米(ルオ・ミー)

 元カノ・元カレをテーマにした田羽生(ティエン・ユーシェン)監督のラブコメシリーズの第3弾が2週目で1位をゲット。韓庚(ハン・ギョン)主演の第1弾『前任攻略(Ex File)』(2014)と鄭愷(ライアン・チェン)主演の第2弾『前任2:備胎反撃戦(Ex-Files 2: The Backup Strikes Back)』に続き、今作は2人をW主演に迎え、対照的な2人の恋愛事情をユーモアたっぷりに描いています。

中国大陸部映画興行週間ランキング(2018.1.1–2018.1.7)

 【2位】スター・ウォーズ/最後のジェダイ(中国題:星球大戦8:最後的絶地武士)

 公開日:2018年1月5日

 監督:ライアン・ジョンソン

 主演:マーク・ハミル キャリー・フィッシャー アダム・ドライバー デイジー・リドリー ジョン・ボイエガ オスカー・アイザック

 2018年の幕開けを飾る超大作は「スター・ウォーズ」シリーズの8作品目。レイを主人公とする、いわゆる「続三部作」の第2章に当たります。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に続くストーリーで、初代主人公のルーク・スカイウォーカーがレイに伝える真実や、第二のダース・ベイダーにならんと欲するカイロ・レン、レジスタンスたちの新ミッションなど、見どころ満載の作品になっています。『LOOPER/ルーパー』などのライアン・ジョンソンが監督と脚本を担当し、前作に引き続きデイジー・リドリーやジョン・ボイエガ、そしてマーク・ハミルらが出演しています。米日同時公開のため、日本では2017年12月15日から公開中。

中国大陸部映画興行週間ランキング(2018.1.1–2018.1.7)

 【3位】芳華(Youth)

 公開日:2017年12月15日

 監督:馮小剛(フォン・シャオガン)

 主演:黄軒(ホァン・シュエン) 苗苗(ミャオ・ミャオ) 鐘楚曦(チョン・チューシー) 楊采鈺(ヤン・ツァイユー)

 馮小剛(フォン・シャオガン)監督の最新映画『芳華(Youth)』がトップ3をキープ。本作は1970年代の激動の中国を舞台に、理想と激情に溢れる軍隊の演芸団=文工団の少年少女たちが、運命に立ち向かいながら成長していく姿を描く人間ドラマとなっており、主演は人気若手俳優の黄軒(ホァン・シュエン)に、フォン監督に見出された新人女優の苗苗(ミャオ・ミャオ)、鐘楚曦(チョン・チューシー)、楊采鈺(ヤン・ツァイユー)といったフレッシュな顔ぶれです。

中国大陸部映画興行週間ランキング(2018.1.1–2018.1.7)

 【4位】妖鈴鈴(Gold Buster)

 公開日:2017年12月29日

 監督:呉君如(サンドラ・ン)

 主演:呉君如(サンドラ・ン) 瀋騰(シェン・テン) 岳雲鵬(ユエ・ユンパン)

 香港の喜劇女優、呉君如(サンドラ・ン)の初監督映画『妖鈴鈴(Gold Buster)』が年末の映画商戦に参戦!監督自身が主演を務めているほか、いま人気の俳優、瀋騰(シェン・テン)や売れっ子漫才師の岳雲鵬(ユエ・ユンパン)らトップコメディアンを結集し、北京市内の一等地にあるボロボロの物件をめぐる争奪戦を個性豊かなメンバーにより演出しています。

中国大陸部映画興行週間ランキング(2018.1.1–2018.1.7)

 【5位】二代妖精之今生有幸(Hanson and the Beast)

 公開日:2017年12月29日

 監督:肖洋(シャオ・ヤン)

 主演:馮紹峰(ウィリアム・フォン) 劉亦菲(イーフェイ・リウ)

 東京国際映画祭にも出品された『少年班』の肖洋(シャオ・ヤン)監督の最新作は、馮紹峰(ウィリアム・フォン)+劉亦菲(イーフェイ・リウ)といった美男美女コンビを主演に迎えたファンタジー・ラブコメ。現代を舞台に描く人間と妖怪の恋物語で、家族連れでも楽しめるお正月にふさわしい1本です。

中国大陸部映画興行週間ランキング(2018.1.1–2018.1.7)

 【6位】解憂雑貨店(Miracles of the Namiya General Store)

 公開日:2017年12月29日

 監督:韓傑(ハン・ジェ)

 主演:王俊凱(ワン・ジュンカイ) 迪麗熱巴(ディリラバ) 董子健(ドン・ズージエン) 李鴻其(リー・ホンチー) 秦昊(チン・ハオ)

 アジア圏で大人気の日本人ミステリー作家、東野圭吾のベストセラー小説『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を原案とする映画『解憂雑貨店(Miracles of the Namiya General Store)』が好評公開中!同小説の日本版映画が9月に公開されており、本作はその中国版リメイクとも言えます。中国版では作品の中心となる3人組は、人気アイドルグループの王俊凱(ワン・ジュンカイ)、ウイグル族出身の若手女優、迪麗熱巴(ディリラバ)と若手俳優の董子健(ドン・ズージエン)が出演。メインキャラクターが男性3人から男性2人と女性1人に変更されたことは、面白い設定であるとして東野圭吾氏ご本人にも認められているそうです。 

中国大陸部映画興行週間ランキング(2018.1.1–2018.1.7)

 【7位】空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎(中国題:妖猫伝)

 公開日:2017年12月22日

 監督:陳凱歌(チェン・カイコー)

 主演:染谷将太 黄軒(ホァン・シュアン) 張雨綺(キティ・チャン) 阿部寛 秦昊(チン・ハオ)

 今年注目の中日合作で、陳凱歌(チェン・カイコー)監督の怪奇ファンタジー『空海―KU-KAI―(中国題:妖猫伝)』が中国でロングヒット中。原作は、『エヴェレスト 神々の山嶺』『陰陽師』など、多数の著作が映像化されているベストセラー作家・夢枕獏の『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』です。7世紀の中国唐代が舞台で、遣唐使として中国に渡った若き日の空海と、友人であり天才詩人の白楽天が、共に一連の事件を探る中で、やがて歴史が生み出した巨大な謎と対峙するという物語です。日本での公開は東宝とKADOKAWAの初の共同配給映画として、2018年2月24日を予定しています。日本での反応が楽しみです。

中国大陸部映画興行週間ランキング(2018.1.1–2018.1.7)

 【8位】リメンバー・ミー(中国題:尋夢環遊記)

 公開日:2017年11月24日

 監督:リー・アンクリッチ エイドリアン・モリーナ

 主演(吹替):アンソニー・ゴンザレス ガエル・ガルシア・ベルナル アラナ・ユーバック ベンジャミン・ブラット レニー・ヴィクター アナ・オフェリア・ムルギア

 日本の「お盆」に当たるメキシコの「死者の日」をテーマにしたディズニー&ピクサーの新作映画『リメンバー・ミー(中国題:尋夢環遊記)』が中国でロングヒット中。主人公ミゲルとその家族の再生を描いた感動的な作品です。本作の舞台となっているメキシコでは実際の「死者の日」に合わせ2017年10月27日に世界初公開され、オリジナルアニメ作品史上最高の初動記録となる930万ドルを記録しました。米国では11月22日、中国では11月24日に公開スタート。日本公開は来年3月16日を予定しています。

中国大陸部映画興行週間ランキング(2018.1.1–2018.1.7)

 【9位】機器之血(Bleeding Steel)

 公開日:2017年12月22日

 監督:張立嘉(レオ・チャン)

 主演:成龍(ジャッキー・チェン) 羅志祥(ショウ・ルオ) 欧陽娜々(オーヤン・ナナ) 夏侯雲姗(シャーホウ・ユンシャン)

 成龍(ジャッキー・チェン)の最新作はジャッキーも初挑戦というSFアクション『機器之血(Bleeding Steel)』。人造人間の秘密を握る少女ナンシーをめぐって、成龍(ジャッキー・チェン)演じるエージェントや、羅志祥(ショウ・ルオ)演じるハッカーなど様々な勢力が熾烈な争奪戦を繰り広げるストーリーです。主演には、成龍(ジャッキー・チェン)や羅志祥(ショウ・ルオ)のほか、チェリストとしても活躍中の若手女優、欧陽娜々(オーヤン・ナナ)が抜てきされています。

中国大陸部映画興行週間ランキング(2018.1.1–2018.1.7)

 【10位】心理罪之城市之光 (The Liquidator)

 公開日:2017年12月22日

 監督:徐紀周(シュー・ジージョウ)

 主演:鄧超(ダン・チャオ) 阮經天(イーサン・ルアン) 劉詩詩(リウ・シーシー)林嘉欣(カリーナ・ラム)郭京飛(グオ・ジンフェイ)

 中国の作家、雷米の人気ミステリー小説シリーズ『心理罪』の第2弾がトップ10をキープ。同シリーズはネットドラマ版が2015年から配信をスタートし、2016年12月に第2シーズンの配信が終了しました。映画シリーズの第1弾『心理罪』では、張芸謀(チャン・イーモウ)の第1副監督を務めた中国第6世代監督の一人、謝東燊(シェー・ドンシェン)がメガホンを取り、李易峰(リー・イーフォン)と廖凡(リャオ・ファン)が主演を務めていましたが、この第2弾では監督がドラマ界で活躍している徐紀周(シュー・ジージョウ)にバトンタッチし、主演には大陸と台湾を代表する実力派、鄧超(ダン・チャオ)と阮經天(イーサン・ルアン)が抜擢されました。ネット投票で人の生死を操る闇の殺人事件を食い止めるため、天才刑事が奔走する物語となっています。 (ミン・イヒョウ、謙)

ラジオ番組
6月25日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王帅