花木蘭(前編)

2018-01-23 11:42  CRI

00:00:00
00:00:00

图片默认标题_fororder_timg

 127日は二十四節気の大雪で、これは仲冬に入ることを意味します。間もなく、ディズニーのアニメ映画「花木蘭(ムーラン)」の実写版の撮影が始まり、様々なメディアから注目されています。花木蘭にはいったいどんな魅力があって、なぜ国内外を問わず、多くの人を引き付けるのでしょうか?今回の中国メロディーは花木蘭の魅力を探してみましょう。

女性ヒーロー・花木蘭

 花木蘭は中国古代の女性の英雄です。彼女が病気の父に代わり、男装して軍隊を従えて侵略者と戦う物語は広く伝えられ、中国史上でも屈指の女性将軍となりました。

 图片默认标题_fororder_em091101050

 男尊女卑の封建社会では女性が頭角を現すことは非常に珍しく、当時の女性はあまり出かけず、毎日家事をして、子供の世話に専念していました。ところが、花木蘭はそんな男性社会で、普通の男性でも達成できないことをやり遂げました。これはイギリスとフランスの百年戦争で、多くのフランスの勇士を率いて、イギリス軍と戦った女性・ジャンヌダルクと肩を並べる女性ヒーローと言えるでしょう。

叙事詩「ムーランの詩」

 花木蘭(ムーランはそもそも南北朝時代の叙事詩「木蘭辞(ムーランの詩)」の中に出てきました。当時、北魏の孝文帝が改革を行ったところ、庶民の生活が安定するようになりましたが、北方の遊牧民族・柔然族はしばしば南下して辺境の人たちの生活を搔き乱しました。北魏政権は家庭ごとに一人の男子を差し出させ、入隊することを命じました。花木蘭(ムーラン)の父は高齢で、弟はまだ幼かったため、小さい頃から父と武道を練習してきた花木蘭(ムーラン)は父に代わって、男装して従軍することを決意しました。

 

图片默认标题_fororder_u=1114342205,752734135&fm=2

 叙事詩「ムーランの詩」では、入隊した後、花木蘭(ムーラン)が戦場で勲功を立て、百戦錬磨の将軍になる様子を次のように描きました。「万里赴戎机,关山度若飞。朔气传金柝,寒光照铁衣。将军百战死,壮士十年归(万里の果ての戦場に赴き、関所の山を苦しみながらも越えた。北方の冷気に銅鑼と拍子木の音が響き、寒々とした月光が鎧を照らし出す。将軍は百戦の末に死に、雄々しい娘は十年ののちに帰ってきた)」 この「ムーランの詩」という叙事詩は今でも広く伝えられています。中国の学校の国語の教科書に採用され、ほぼすべての小・中学生はこの詩を読んだことがあるほどです。

ムーランが伝える中国文化

 中国では花木蘭(ムーラン)は勇敢と優しさの象徴で、彼女のエピソードをモチーフにした詩歌や戯曲・小説は1000年経った今でも広く伝えられています。1998年にディズニーのアニメ映画「ムーラン」が世界で公開されるのに伴って、花木蘭(ムーラン)は益々多くの人々の心を掴み、さらに中国の伝統文化の魅力を世界に伝えています。

 

图片默认标题_fororder_timg-(1)

番組の中でお送りした曲

1曲目 木蘭情(ムーランの哀愁)

 この歌は2009年に公開された映画「ムーラン」のエンディングテーマです。

歌詞:

私は空に飛び回る雲を見て

私はもうもうとほこりを立てる戦場で

一粒の涙が生まれたのが聞こえた

ここは誰の砂漠だろう

私は自分が誰なのかを忘れてしまった

2曲目 木蘭香(木蘭の香り)

 この歌は戦場から帰って、女性の服装に戻ったムーランが恋人を偲ぶ気持を描いています。

歌詞:

花をひとりで開かせないで

あなたがいる過去を忘れられない

窓の前にある木蘭の香りを嗅いだ

どの家の娘が再び赤く装うのだろう

3曲目 オペラ「木蘭詩篇(ムーランの詩)」

 オペラ「木蘭詩篇(ムーランの詩)」はムーランの物語をモチーフにしたもので、歌手の雷佳と谭晶がムーラン役を担当し、中国の伝統文化と西洋音楽の交響楽を融合させた作品です。

コメント()

ラジオ番組
10月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1